ドイツ銀行ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

ドイツ銀行ってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

ドイツ銀行東京支店は、平均年収が約1700万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都千代田区永田町にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、ドイツ銀行はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、ドイツ銀行の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 ドイツ銀行】経営不振による再建中、銀行本体の健全化へ

東京に支店のあるドイツ銀行はドイツ最大手の銀行で、商業銀行、投資銀行、資産運用、ウェルス・マネジメントなどのサービスを提供する総合金融グループです。

2019年来、最近は経営の不振がささやかれており、直近では、2015年の純損益は68億ユーロの赤字となり、2020年までの約200支店を閉鎖することや、従業員2.6万人を削減することを方針に掲げていることもあり、特に投資家からの懸念が大きくなっているようです。

東京に支店のあるドイツ最大手の銀行であることに変わりはなく、外資金融の中では入社が難しい企業の一つになっています。実力の不足によるレイオフもよく行われます。

 

ドイツ銀行の現状

東京のドイツ銀行の日本における主な事業内容は、コーポレート向けの金融サービス全般です。

具体的には、金融収支が黒字の日本における外国為替やキャッシュマネジメント、日本の貿易金融を含むコーポレート・バンキングサービス全般、不動産ファイナンス、社債や証券の管理サービスといった内容が挙げられます。

東京のドイツ銀行の業務内容の多くは新聞の一面に載るようなディールやセンシティブかつ金額の大きい案件になるので、仕事を通じて達成感を味わう機会は多くあります。

業界や大企業を動かすような案件をやりたいかたには合っている企業でしょう。

東京のドイツ銀行は、ドイツにおいては、民間金融機関は公的金融機関よりも市場シェアを取れない構造になっているため、上位行としてのドイツ資産の大きな取り込みは進んでおらず、ドイツでの経営の不振が日本法人に影響を及ぼすタイミングが時折存在します。

東京のドイツ銀行では、ここ数年はホールセール証券部門に注力してきましたが、金融危機以降の規制強化のあおりを受けて業務が縮小されている一方、代替収益源に乏しいため、グループ全体での業務の最適化による収益構造の改善が見込まれているようです。

2020年1月の情報によると、現在経営再建中のドイツ銀行は、2019年決算で53億ユーロ(約6300億円)の最終赤字になったと発表しました。

2018年は3.4億ユーロの最終黒字だったが、2年ぶりに赤字に転落し、ドイツ銀行は19年7月に全行員の2割にあたる1.8万人の人員削減を軸とする経営再建計画を発表しており、リストラなどに必要な費用が膨らんだことが原因のようです。

ドイツ銀行は、同じドイツ大手のコメルツ銀行との統合を検討してきましたが、労組の反対などで2019年春に破談となりました。

その後はリストラによる単独での生き残りを探っているのですが、再建への道筋は描き切れていない状態であり、今後はリストラを進めながら、収益力をいかに高めていくかが課題となっています。

東京のドイツ銀行は、欧州中央銀行(ECB)のマイナス金利政策などで超低金利の状況が続いており、収益の環境は厳しいままのようです。

 

ドイツ銀行への転職

東京の外資系金融ドイツで銀行は、金融サービスを提供するという性質から、マーケットの状況を冷静に分析し情報に基づいて論理的な判断を下す能力が求められます。

外資系金融ドイツ銀行では金融系の知識や経験があることはもちろん、語学に長けることも必要です。

また、外資系金融ドイツ銀行では、個人として成長するために努力を続けるだけではなく、チームとの連携を行えるコミュニケーション力が必要とされています。

ドイツ銀行では、大型案件などは利害関係者も増えるため、円滑な人間関係を構築できることが必要です。

ドイツ銀行では、激務だとしても学べることは多いため、一つのキャリアステージとして割り切って入社する人が多いですが、長期間腰を据えて働こうとする場合は、ハイスキルはもちろん社内のパワーバランスをうまく見極められることも必要となるでしょう。

東京のドイツ銀行への転職に向いているのは、主に三つの要素を持ち合わせている人材と言えます。

  • 金融機関で投資銀行業務などの専門業務に従事したことがあること
  • 成長意欲が高く主体的に吸収する姿勢があること
  • 激務に耐えうる体力と精神力があること

東京のドイツ銀行での経験やネームバリューは他社に今後転職する際も確実に役に立ちます。

東京のドイツ銀行という、グローバル企業でしっかり自分を鍛えたい場合は合っているでしょう。

東京のドイツ銀行への転職は、ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。

  • ウエブには出てこない東京の外資系ドイツ銀行のリアルな情報が手に入る可能性がある
  • 東京のドイツ銀行およびその他企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 東京のドイツ銀行の面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる

の3つの理由から、エージェントに相談することをお勧めします。

東京のドイツ銀行に転職して入社した方の意見としては、ワークライフバランスとしては、年に1週間から10日間の長期の休みを強制的に取らされるので、旅行などに行けて働き方にメリハリが付くということでした。

東京のドイツ銀行の女性の働き方としては、外資系ということもあるが、非常に女性が活躍していることが見受けられた。会社の管理職の3分の1以上が女性の管理職だということでした。

 

まとめ

東京に支店のあるドイツ銀行ですが、かつては世界の名門銀行として絶大な信用を誇っていましたが、長引く長期金利の低迷などの経営環境が悪く、昨年度は53億ユーロの赤字を出しており、経営の再建はまだ遠い状態にあります。

日本株や債券にも資産家が当然多くの割合で投資がされていますが、信用は薄く経営は厳しいようです。

現在の状況での即戦力以外の転職の受け入れは難しいとは思いますが、興味のある方は、転職エージェントにまずはご相談ください。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、ドイツ銀行の中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

ドイツ銀行のような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、ドイツ銀行への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP