上京してアルバイトから正社員になれる?転職成功・失敗例5選

現在、地方でアルバイトをしていたり、既卒で就活を続けていたりしている皆さん。
実際に東京でアルバイトから正社員に転職した人の体験を知りたい
と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

東京では、同一労働同一賃金や正社員化を促進している企業、派遣社員から正社員に登用される「紹介予定派遣」を導入している企業など、働きやすい環境が整っている企業が多くあります。
また、フリーターへの理解があり、正社員経験がなくても応募可能な求人が揃っている点で、地方より東京のほうが有利と言えます。

そこでこの記事では、実際に正社員に転身した体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、正社員になるための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ


東京で正社員未経験者を活発に採用しているのは、医療・介護業界や、アパレル業界、サービス業界などです。
職種で言うと、販売職はアルバイト経験者を正社員に採用する流れが主流になっています。
このような業種・職種で転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

地方の飲食店アルバイトからアパレル業界の正社員に

地元で居酒屋のアルバイトをしていたAさんは、調理以外の業務は完璧にできておりバイトリーダーとしても活躍されていました。
しかし年収は180万円と自立には程遠い金額で、同窓会などに行っても身につけているもので周囲と差が出始めたことを気にしていました。

そのため、正社員になりたいと一念発起し、興味のあったアパレル業界を目指すことにしました。

地元では募集が少ないため、より良い求人を求めて上京することにしました。
転職エージェントに相談して、アパレル業界の正社員を目指すことを伝え、面接対策や、履歴書添削を何度も行ってもらい、複数の企業にエントリーしました。

面接では厳しいことを言われる時もありましたが、これまでの経歴をしっかりと評価してくれる企業に出会えたことで、見事正社員として採用されました。
店長候補ということで、刺激の多い中で暮らせているようです。

大学中退からアパレル業界の正社員に転身

大学の学費を捻出することができず、中退を余儀なくされたBさんは、親戚の紹介で地元のメーカーで検品作業のアルバイトをしていました。
マニュアルを見て、毎日定量の作業をこなしていましたが、本当にこのままでいいのか気になってきたことや、給料もそこまで良くなかったこともあり転職を決意しました。

転職エージェントに相談して、アパレル業界の正社員を目指すことにして、なおかつ都内の企業を目指すことになりました。
特に学歴、経験、年齢不問ということがBさんにとっては大前提だったので、人間性で勝負できる企業を探してもらいました。

その結果、都内の一等地にショップがある企業に就職することができました。
地元を離れて、一からの人間関係を構築することは大変ですが、自分の暗い人生を変えられてよかった、とBさんはおっしゃっています。

喫茶店のアルバイトからモバイルショップの正社員に転身

地方で音楽専門学校を卒業したCさんでしたが、就職に失敗して知り合いの紹介で喫茶店のアルバイトをしていました。
年収は120万円程で、一人暮らしをするにはかなり厳しい状況でした。
当時付き合っている恋人もいましたが、こんな状況では将来も考えられないと離れていきました。

失意の底にいたCさんは、自分を変えたいと思い、正社員として親元から自立しようと決意しました。
転職エージェントに相談してみたところ、正社員案件の多い東京での就職を提案されました。

履歴書添削や面接対策を何回も重ねて、面接に向けて自分をブラッシュアップしていきました。
その結果、都内のモバイルショップの正社員として採用されました。
しっかりと準備をした結果を出すことができてよかった、とCさんはおっしゃっていました。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ


東京での転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

家電量販店のアルバイトから靴販売店に転身

地元で家電量販店のアルバイトをしていたDさんは、将来のことを考えて正社員を目指すことにしました。
これまでアルバイトの経験しかなかったDさんは、正社員登用制度ありの靴販売店に転職しました。

正社員になるため、繁忙期も休まず出勤していましたが、なかなか登用の話は出てきません。
そのことを店長に相談してみたところ、正社員への登用条件はあいまいで、社長の気分次第ということが発覚しました。

面接のときに詳細等を確認しておけばこんなことは無かったでしょう。
正社員登用制度を掲げている企業は、しっかりと基準等を確認する必要があると、Dさんも痛感したそうです。

30歳からの正社員転身

大学の時に就職活動に失敗したEさんは、地元のアパレルショップでアルバイトをしていました。
しかし30になる直前に、お店の方針と人員整理の話があり、退職せざるをえなくなりました。

地元ではあまりいい仕事が無かったので、都内の正社員登用制度があるペットショップに転職し、犬猫の世話とグッズ販売を担当することになりました。
正社員を目指そうとEさんは意気揚々としていたのですが、ふたを開けてみると正社員は幹部の人間だけで、かつオーナーの親戚の人間しかなれないとのことでした。

事前に正社員登用制度について深く確認しておけばこんなことにはならなかったと、Eさんは後悔されているそうです。
やはり、面接で気になるところは詰めておくと良いようですね。

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人


ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している正社員と成功している正社員の特徴を比較してみましょう。

正社員の上京転職に失敗している人に共通していること

正社員登用制度の条件などがしっかりと把握できていない。

正社員の上京転職に成功している人に共通していること

転職エージェントに相談して情報収集に努めて、転職している。

正社員として転職に成功するためには、例えば「正社員での転職に的を絞り、エージェントを活用して面接対策を徹底している」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

アルバイトから正社員に転職するには事前準備がすべて


最後に、正社員をめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使い有効的に情報収集と面接対策に努める

という方法をお勧めします。

正社員への転職に転職エージェントをお勧めする理由

正社員への転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. アルバイトで得た経験に見合う仕事や、未経験者でも育成してもらえる企業の情報を幅広く持っている
  2. 面接対策と履歴書添削のノウハウが豊富で、一人では気付けない自己PRポイントを発見できる
  3. 上京転職者なら詰めておくべき住居や食事の補助、福利厚生などの諸条件を確認してもらえるので安心

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP