ゲームテスターに未経験から転職するコツ&5つの体験談

既卒や第二新卒で上京してゲームテスターになりたいと思っている方や、未経験から転職してゲームテスターになりたいと思っている皆さん。

実際に東京でゲームテスターに転職した人の体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

ゲームテスターは、デバッガーとも呼ばれており普段皆さんがやっているテレビゲームやソーシャルゲームが販売前に仕様通りに動くかどうかを確認する仕事です。

グラフィックスが鮮やかなゲームもどんどん増えてきているため、これからも需要の増える仕事です。

そんなゲームテスターに未経験から就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとかといった失敗は避けたいものです。

本記事では、実際に転職したゲームテスターの体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、ゲームテスターのための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!未経験転職体験談【成功例】まとめ

ゲームテスターに転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

製造業から未経験でゲームテスターに転職

地元でPC組み立て工場に勤務していたAさんは、生産ラインを担当していました。

勤務して5年ほどになりましたが昇給金額が少なく、将来のことを考えて給与が良い会社に努めたいと思い転職を決意しました。
以前から憧れていたIT業界に進むことを考え東京で働くことを視野に活動を開始しました。

IT企業はブラック企業も多いので転職エージェントを使うことにしました。
エージェントとの面談にてIT業界で働きたいと伝えたら、前職の経験が活かせるゲームテスターの仕事を紹介されました。
未経験職種ではありましたが、ゲームの開発チームと連携しながら仕事を進めていくので前職と同じような感覚で仕事を進めることができました。
経験を重ねていく上で、スキルアップのためにもゲームの開発段階のプログラミング言語の学習も行い、今では部署のエースとして活躍しています。

 

営業から未経験でゲームテスターに転職

事務機器の営業職として働いていたBさんは、学生時代よりPCなど電子機械に興味があり自分もIT企業で働きたいと考えていましたが、残念ながら新卒時はその夢がかないませんでした。

社会人として経験を重ねた今、改めて夢を叶えたいとIT業界に転職することを決意してより活躍の場が期待できる東京に行くことにしました。

一人で不安だったので転職エージェントに登録して打ち合わせを行い、キャリアプランをまとめました。

その結果ゲームテスターの仕事が向いているのではないかということになり、重点的に面接を受けました。
これまでの仕事に対する姿勢や、エージェントの後押しもあり未経験でありながらゲームテスターになることができました。
開発チームとの連携もうまく取れてプログラミングの知識も身に付きスキルアップにもなりました。

 

携帯ショップの店員から未経験でゲームテスターに転職

地元の携帯ショップで販売員をしていたCさんは学生時代からゲーム好きで、将来はゲーム関連の仕事に就きたいと考えていました。

残念ながら新卒の時には就職できませんでしたが、キャリアを重ねた今改めて挑戦しようと思い立ち転職活動を開始しました。

地元ではゲームを作っている企業やIT関連の企業は無かったので東京に出るべきだとCさんは考えました。

友人にそのことを相談したところ、転職エージェントを紹介してくれました。

転職エージェントは親身になってCさんが描きたいキャリアプランを共に考えてくれました。

その結果、ゲームテスターの仕事を紹介されて面接を受けることにしました。
エージェントと入念に面接対策を行い、仕事内容もCさんがやりたかったことなのでとんとん拍子に進み無事内定を貰うことができました。

収入も上がり、公私ともに充実した毎日を過ごされています。

転職するべきじゃなかった!未経験転職【失敗例】まとめ

未経験職種への転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

製造業からゲームテスターに転職したがイメージと違い戸惑う

製造工場に勤務していたDさんはもともとIT業界に興味がありその中でもゲームに興味があり子供のころからよく遊んでいたので、ゲームに関わる仕事がしたいと思っていました。

そんな時、未経験からでもゲームの制作に携われるゲームテスターの求人があり応募したところ内定を獲得しました。

しかし、ただ開発中のゲーム内のバグをチェックするだけと思ったものの、細かい報告書の作成やバグの状況説明がうまくできず部署内では仕事ができない人と浮いた存在となってしまっています。

好きというだけで応募してしまったので、応募する前に本当に自分にあっている仕事なのか第三者の考えも取り入れながら吟味することが必要だったと振り返っています。

不動産会社の営業からゲームテスターへ転職

不動産会社で営業をしていたEさんは、残業などが多くプライベートの時間を確保できない状況から脱したく都内のIT企業にゲームテスターとして転職しました。

とにかく、現状から脱したいという気持ちが先行しないまま転職をした結果、入社してから苦労しました。

求人サイトで一人で転職活動をしたため。ゲームテスターという仕事はどういうものか全く理解していませんでした。

Eさん自身細かい作業が苦手で、ゲームの細かいバグのチェックでも見落としが多数あり報告書についても以前は部下に作らせていたので自分で報告書をまとめることにも苦労しています。

イメージだけで転職をしなければ、ここまでの苦労は無かったのではないでしょうか。

その差はどこに? 未経験からの転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗しているゲームテスターと成功しているゲームテスターはどこが違うのでしょうか?

未経験からゲームテスターへの転職に失敗している人に共通していること

憧れだけが先行しており詳細を知らず安易に転職してしまった

未経験からゲームテスターへの転職に成功している人に共通していること

自分だけで考えずIT業界に詳しい転職エージェント等第三者の意見を取り入れている

ゲームテスターとして転職に成功するためには、例えば「一人で決めるのではなく、エージェントを使って情報収集に努める」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使って円滑な転職活動を!

最後に、ゲームテスターをめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使って転職活動をする

という方法をお勧めします。
<PR>

ゲームテスターの転職にエージェントをすすめる理由

ゲームテスターの転職にエージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 優良企業案件を多く持っており、時間をかけて転職ができる。
  2. 親身な担当スタッフが入社までサポート
  3. 企業や業界の最新情報がすぐ手に入る。

以上のことから、エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!
<PR>ゲームテスターへの転職について相談したい方は、こちらがおススメ!

関連記事一覧

PAGE TOP