地方から採用担当者のwebセミナーに参加!転職初心者に聞きました

地方から東京の企業に応募しようとすると、身近に得られる情報量が少なくて困ってしまうことはありませんか?

就活中の人が書いた企業の口コミサイトを検索し、噂話だろうと思いながらも選考方法や面接の想定質問などの情報をついつい読んでしまって不安になることも。

そんな就活初心者が転職活動に動き出すにあたってどのようにきっかけをつかんだのか、当サイト「みさぽ」を通じて転職活動した方がお話しします。

今回ご紹介するのは、転職サイト「マイナビ」が主催するwebセミナーに参加した方へのインタビューです。転職活動の参考にしてみてください!

転職先を見つける方法として、転職サイトや転職エージェント(人材紹介)があります。

利用するには登録が必要ですが、どちらも登録は無料です。

当サイト「みさぽ」では、複数のサービスに登録して使い分けることをお勧めしています。

さらに、あまり知られていないかもしれませんが、転職サイトや転職エージェントには求人検索以外にも、転職活動に役立つさまざまなイベントやサポートがあります。

「転職サイトや転職エージェントってそもそも何?」という方は、以下の解説を読んでみてください。

一度も就活したことがないけれど上京、自立したくて

Profile:

関東近郊に在住の29歳女性。実家で両親と同居し、身内の会社で一般事務に従事。一人暮らしのために貯金を続けている。

転職活動において困っていたのはどんなことですか?

実は、これまで一度も就活らしい就活をしたことがないんです。

現在の仕事は親戚が経営している会社で、親の紹介で入ったので入社に苦労することはありませんでした。

ちょっと手伝うつもりが何年も経ってしまいましたが、もともと興味のある業界ではなかったので、そろそろ自分に向いている仕事、長く働き続けられる会社を見つけたいと思っていました。

昇給などを相談しづらい雰囲気なので、一人暮らしをしたいけれど、それができるほどの収入が得られないのも悩みでした。

地元で転職先が見つからなければ東京に出ることも考えているのですが、本当に転職活動というものに疎くて困っていました。

webでは普段、転職についてどんな情報収集をしていましたか?

企業選びもしたことがないので、ついつい名前を知っている会社の転職情報ばかり検索してしまいます。

求人に応募するわけでもなく、口コミサイトを眺めるばかりで自力での転職活動に限界を感じていました。

webセミナーを受ける前に持っていた印象はどうでしたか?

これまで就活イベントにはほとんど参加したことがなく、就活用のスーツも揃えられていないので、面接どころかイベントに出るのも躊躇していました。

web形式のセミナーにも参加したことがなかったのですが、自宅からネットで参加するのなら服装も気にしなくて良いと思って参加してみることにしました。

これまでの就活方法と、どのように比較されたのか教えてください。

転職活動のやり方が解説されているセミナーを選びました。

選ぶときのポイントとして、転職初心者向けに専門家が解説してくれるといったテーマを探しました。
これまでは、専門家の話を聞いたことはありませんでした。

採用担当者が、求職者をどのように見ているのか知れた

webセミナーのテーマはどのようなものでしたか?

「転職必勝セミナー」というもので、転職活動のポイントをまとめて話していただけるものでした。 

講師はどんな方でしたか?

採用のプロの方が登壇されました。

1万人以上の面接経験や、上場企業で人事総責任者を務めた経験を活かして、現在は執筆活動や講演会に注力されているそうです。

webセミナーのプログラム内容はどんなものでしたか?

転職活動の全体像を解説していただけました。

転職活動開始から、実際に面接に臨むまでのスケジュールのモデルケースが提示され、時期に応じた効率の良い活動方法について説明がありました。

転職をするまでにやるべきことが、初心者の私にも理解できて、自分にピッタリの内容だと思いました。

どのような解説を覚えていらっしゃいますか?

自己分析、書類作成、面接、それぞれについての詳しい解説です。

例えば、職務経歴書を作るに当たっては、自分が仕事の中で成果を感じた出来事を相手にいかに分かりやすく伝えるのか、仕事をしているイメージを持ってもらうかが重要だ、といったアドバイスが印象に残っています。

現役人事ならではの仕事のマインドに触れられた

講師から聞いて面白かったエピソードは?

豊富な面接経験に基づく転職事例の紹介が豊富だったことです。

希望が全て叶う職場はなかなかないので、そこに優先順位をつけることや、本当に転職で希望が叶うのかを考えずに勢いだけで転職してしまうと後悔が残る、といったアドバイスに共感しました。

一緒に考えるようなプログラムはありましたか?

企業への「逆質問」について、皆で考える時間がありました。

面接では自分から企業に質問することも必要だということや、それをその場で思いつくのではなく、予めよく考えてから面接に臨む必要があるのだということが分かりました。

無理に的外れな逆質問をするより、面接中の業務説明などが非常に分かりやすく入社意欲がより高まったことを伝えるというやり方もある、というフィードバックがあり、まずはそれを実践したいと思いました。

他の参加者の反応はいかがでしたか?

ブランクが多く、未経験職種への挑戦を考えている参加者が多かったようです。

セミナーでは質問タイムがありましたが、ブランクへの不安を解消したいといった質問が取り上げられていました。

複数の企業を同時進行で受けることがコツだと発見

今回のセミナーを受けて、一番印象に残ったことは?

これまでは、1つの会社の面接が全て終わるまで、他の企業にエントリーをすることは考えていませんでした。

しかし、この講義を聞いたことで、同時並行で進めていくことが効率良く転職活動をするコツだということや、間隔を空けずにエントリーや面接を続けることで、良い点や改善点を忘れず、実力を積み上げながら面接に臨めることが分かりました。

セミナーを振り返って教訓などはありますか?

今まで転職活動のスケジュールを全く立てていなかったのですが、それではいけないと思ったのが何よりの教訓です。

なんとなく、1年以内に転職したいなという気持ちはあったのですが、何も準備をしていなかったので、まずは教わった通り、転職のための工程表を作りたいと思っています。

転職したいと思った気持ちを忘れず就活に臨みたい

web就活を成功させるためのアドバイスをお願いします。

今回のセミナーを聞いて強く感じたのは、転職して叶えたい目標が固まったら、困難があっても挑戦を続けるべきだということです。

私自身、親戚の会社に勤めているので、このままでもいいんじゃないかと甘えが出てくることもあるでしょうし、周囲が保守的だと環境を変えることが億劫になりがちです。

現職の会社で上司からの慰留があったり、志望度の低い会社で条件を受け入れたりといった話も出てくるかもしれませんが、せっかくの転職活動を無駄にしないためにも初志貫徹で臨むべきだと思います。

そのコツを詳しく教えてください。

転職活動において、専門家に相談するメリットは以下のようなことだと思いました。

  • 転職で希望が叶うのかどうか、実現性を客観的に評価してもらう
  • 条件に優先順位をつけ、それに見合う企業選びをする
  • 希望や目標を分かりやすく伝えるため、書類添削を受ける

皆さんも、遠方の転職フェアに行けなくても、自宅からwebセミナーに参加して、転職活動のきっかけをつかんでください!

今回ご紹介したのは転職サイト主催のイベントでしたが、転職エージェントに個別に面談をしてもらうという方法も効果的です。
当サイト「みさぽ」でも個別相談を実施しております。

サービス概要

転職活動や正社員就活が初めての方で、まずは転職サイトや転職エージェントの使い方から教えてほしいといったご要望にもお応えしています。

また、上京するとしたらいつ頃が良いかや、住まい探しや引越しについてもお問い合わせいただけます。ぜひお気軽にご相談ください。

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP